Top
| Memo | LifeLog | RSS | Image | Skin | Rep

ご愛読ありがとうございました good bye
by peacetree
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
オトナ語の謎
from わたしのブログ
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
<   2004年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧
馬>新選組


::::: 2004年5月30日 Sun :::::

場所によっては (5月としては)史上最高の暑さだったそうで
けだるい午後 やる気もおきず
テレビの前でだらだらしてしまった

いつのまにかたまってしまった『新選組!』の録画を2本続けて見て
テレビを消そうとしたら 画面にたくさんの馬 馬 馬
今日は日本ダービーだったのね
パドックの様子を紹介したり 会場の熱気を伝えたり
アナウンサーも今は落ち着いた声だけど
いったん馬が走り出したら この人も絶叫するんだろうな

馬の名前っておもしろいよなぁ
今回ダービーを制したのは「キングカメハメハ」ですよ
カメハメハ大王を英語にすると「キングカメハメハ」?
「ハーツクライ」は hearts cry かな? 
心が泣く or 叫ぶ … 世界の中心で なーんて

馬の走ってる姿って美しいよね
身体全体の躍動感 足の運び 風になびく尾っぽ
ほれぼれする

日本ダービーは2400m
それを今日一位のカメハメハは2分20秒ちょっとで走る
単なる全速力じゃない
騎手の駆け引き 馬の闘争心 それらが合わさって「競馬」
2分半の間に 人は夢を見て 破れて
我が家といえば たまたま居間にいた両親と画面にくぎづけ
そして クッキーは画面に向かって吠えてた
私たちが歓声をあげてたからかな

2番人気の「コスモバルク」(由来が知りたい)が飛ばして
半分くらいまでダントツ一位
1番人気の「カメハメハ」は抑え気味で 4~5番手辺り
第3コーナーを回った辺りから 後ろの集団が近づいて
第4コーナー過ぎて直線に入ったときには もう団子状態
その中を一番に駆け抜けたのが「カメハメハ」
2位は外側から一気にやってきた「ハーツクライ」
いやぁ おもしろかったなぁ

あれ 『新選組!』のことを書くつもりだったのに
馬の話になってる
まぁ いいや

一応つけたし
『新選組!』おもしろくなってきた
見ながら顔がにやけてしまう…
鴨がやられるのは2週間後か3週間後かな
楽しみ
[PR]
by peacetree | 2004-05-31 01:33 | あしあと
マネキンは見た


::::: 2004年5月29日 Sat :::::

今日は肉体労働日
頭ばっかり使って煮詰まってる日々にサヨウナラ
何も考えず身体を動かせば もやもや気分もすっきり
--- という目的で久しぶりにマネキンバイト

本日のミッションは郊外の大型ショッピングセンターで
お子ちゃま相手に風船配るお姉さん
おまけで 炎天下での段ボール解体作業
(本当の業務は あるメーカーの販促なんだけど実体はこんなもの)

担当したメーカーは日用雑貨
雑貨系は一日を通してコンスタントに売れるので 
朝夕に 商品をこまめに補充する
これは普通お店の人が受け持つ業務内容で
マネキンはあくまで販促が仕事
だけれど 今日はちっとも補充されないのでさっさと自分で補充
どうやら パートのおばさんが二人風邪でダウンしてて
夕方にバイトが来るまで社員さん二人で切り盛りしなければならないらしい

さて 商品を補充するために在庫を探しにバックへ
ところが今日のお店は売り場面積が広いので 四角形の一辺が長い
バックを通って対角線の場所に行こうとすると延々歩くことになる
なかなか在庫のある場所がわからず
あっちへうろうろ こっちへうろうろ
キョロキョロ辺りを見回す変な人状態
ようやっと見つけた在庫場所は建物の外
明るい太陽の下にたくさん段ボールが積まれていた

このバイトを始めて数多くのお店のバックを見てきたけど
はっきり言って初めてです
売り物が野ざらしにされているお店は

マネキンバイトの面白さの一つに様々なお店のバックを見れることにある
と 私は思ってる
キレイに整理整頓されているところ
ゴミの分類にうるさいところ
商品が通路まではみ出して雑然としたところ
更衣室やトイレ 管理事務室 社員食堂 エレベータ
大きなお店でも小さなお店でも 店長やマネージャがどのようにお店を管理
しているか 半日もいればだいたい見えてくる
また バックでの店員同士のやりとりからもお店のカラーが伝わってくる

さて 段ボールの山から目的の商品を見つけ出さなければならない
一つのカートに8~10の段ボールが積まれてて
それも同じ商品が積まれているとは限らない
さらに 同じジャンルの商品が積まれたカートが隣り合ってるとは限らず
目的の商品が
あっちのカートの上から3段めにあるかと思えば
こっちのカートの一番上にある
という状態
しかも カートは一列に並んでるのではなく 重なり合ってるので
奥のカートを引き出すために 手前のカートをどける必要がある
カートはおおよそ30ほどあったので とても苦労した
こんなに適当に在庫が置かれてるお店は初めてで
驚くやら あきれるやら
目的の商品を探すのにとても時間がかかった

私はこのお店に不慣れな人間
だから 店員より商品を探し出すのは時間がかかる
けれど あの状態だったら店員だって探すのに時間がかかると思う
もうちょっと工夫のしようがあるのでは と思ってしまった

本来ならしなくてもいい仕事までしたけれど
一日なかなか充実していた
風船を渡したあとの親の対応を見たり
子どもの様子を観察したり
我ながら職業病だなぁ と内心苦笑しながらね

※exciteのサーバーが落ちてて更新遅れました


::::: what's happened :::::

刑務所の中の子どもたち
 毎日新聞 5/29夕刊より

フィリピンにいる頃 毎日ストリートチルドレンたちを見ていた
運転手が運転する車の中から彼らを見ていた
それが日常だった
私はこっち側にいて 彼らはあっち側にいた
そういうものだった

私はどういう目で彼らを見ていたのだろう
蔑む目?
憐れむ目?
無知な目?
記事を読んでふと思い出したこと
[PR]
by peacetree | 2004-05-30 21:47 | あしあと
Office Peacetree


::::: 2004年5月28日 Fri :::::

本日 "Office Peacetree" がオープンしました
「ネットワークの面において」 ですけども

私のPC環境は 
 OS: Win-Me (Priusのノート)
 ブラウザ: Opera
  ※ただし excite blogを書くときのみ IE
   (Operaだとなぜか記事が投稿できない)
 プロバイダー: J-COM(ケーブル)
ルータを介して無線LANでネットにつないでます
1年ほど前にルータを購入
弟のPCにルータを設置し 妹と私はLANカードを使ってる状態

で 今回は3人のPCをネットワークでつないで
共有フォルダを作りました ←弟がやってくれた
なぜかというと
単なる話の勢い… だと思う

まぁ 要するに三者三様のPC環境で
お互いの弱点を補おうというわけ
たとえば
私のプリンター(hp)はとても速いけど発色はあまりよくない
弟のプリンター(EPSON)は発色はいいけどあまり速くない
妹はプリンターを持っていない

妹は自分のPCから直接 私か弟のプリンターを使えるし
(前提として 各々のPCが起動していないといけないんだけど)
共有フォルダに各自の音楽ファイルを入れておけば
聞ける曲が3倍になるし
(今のところは)いいこと尽くし
そのうち問題が発生するかもしれないけどね 
でも まるでオフィスみたいで なんかいいわぁ

父親が気まぐれで買ってきたスキャナが弟のPCに設置されているので
今まで面倒だったけど 
これからは簡単になりそうなのが嬉しいな
私はPCにお金をかけないので 
CD-RやDVD-Rに書き込むことはできないけど
弟のはできるから バックアップ用に保存を頼むこともできそう
(普段はUSBフラッシュメモリーで十分)

家庭内ネットワーク化で私も妹も得したことたくさんあるけど
弟はあまり得してないかも
でも 喜々として3人のPCをいじっていたので
(見てて本当に楽しそうだった)
(得じゃなくても)別に構わないのかもなぁ

¶information
28日の来訪者104人
Blog Peopleの「ガチャガチャブログ」に参加した影響だろうと分析
タイトルを見て読まずに次のブログへ渡っていった人
とりあえず最初の記事だけ読んだ人
いろいろいるんだろうなぁ
顔も知らない人たちが読んで何かを感じたり 連想したりするのってすごいこと
とりあえず読んでて不快にならない記事を心がけたいものです
 


::::: what's happened :::::

イラク情勢#14
二人の邦人ジャーナリストの方が殺害されました
ついに… という気持ちでいっぱい

死ななくていい人がたくさん死ぬのが戦争
今度のイラク戦争で一体どれだけの民間人が亡くなったのだろう
今度の戦争で誰がいい思いをしたのだろう
"未来の平和の前の大きな犠牲" って必要なのかな
イラクの地に平和を生み出す前の苦しみが今の混乱した状態なのかな
なんだかよくわからない

亡くなられた橋田さん 小川さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます

★関連記事のまとめ asahi.comより →こちら


::::: what's done :::::

ボスからのメールの返信に頭を悩ます
[PR]
by peacetree | 2004-05-29 01:05 | めじるし
ヒッチコック リアル版


::::: 2004年5月27日 Thu :::::

大変なことになりました
どうやらカラス軍団に我が家 マークされているらしいんです

case#01 母親
 道路の掃除をしていたら 超低空飛行して
 何度も肩のあたりを羽がかすっていった

case#02 弟
 家を出てすぐにカラスに襲われた
 (本人からまだ聞いてないので どのように襲われたのかは後ほど)
→頭のすぐ上すれすれを飛んで行ったそうだ
  ムカツク!とのメールが
  そりゃぁ ムカツクだろう
  なめられてるよね カラスに

case#03 母親
 ベランダに出て洗濯物を干そうとしたら
 樋(とい)のところに留まって ベランダを覗き込む

case#04 母親
 ゴミを出しに外に出たら こちらをずっと見てて
 家の中に戻るまで追いかけてきた

主な被害者は母親
本人 すっかり怖がってます
case#03のときは 私もそばにいたので カラスとばっちり目が合いました
キラキラした黒い瞳に 太い嘴(くちばし)
つやつやした黒い羽 長くて先がとがった足の爪
なぜか賢そうに見えるカラス

母曰く
先日 クッキーの散歩のとき
ゴミ置き場を荒らしているカラスがいたから
クッキーをけしかけて(おいおい…) カラスを追い払って
カラスよけネットの外に出ていたゴミ袋を置きなおしたことがあったそうです
それ以来 カラスにマークされている気がする と言うのです
 きっと 私の顔を覚えたのよ
 それで住んでいるところを カラス軍団に「カーカー」と伝言して
 集団で襲ってくるの

後半部分の"伝言して" というのは単なる想像だし
前半部分の"追い払った" エピソードも記憶の勝手なリンクだし
「気になること」があると その「気になること」に常に注意が向いて
ますます「気になること」が生じる頻度が増しているような気がするだけで
実際は普段と同じくらいの頻度で ことが生じているだけかもしれないし…

理屈だとか 論理的思考だとかを展開すると
「気のせい 単なる偶然」
と処理されますが
怖いものは怖いんだよね

日常的に恐怖があるのは とてもストレスフル
なんとかカラスと話をつけて
(原因が母親の話の通りだと仮定して)
「あのとき 犬をけしかけて恐怖を与えて悪かった
 これからはそういうことをしないようにするから許して」
と示談を成立させたいものです
(だって カラスって賢いんでしょ?)

おまけ
上記のような理屈めいたことを母に言うと とっても機嫌が悪くなるので
カラスの話のときは 「うわー怖いよねー」と共感してます
実際 本当に襲われたら怖いしさ

ちなみに弟は うちの庭にカラスの巣でもあってそれで攻撃的なのでは
と推測してます
ああ なるほど そういうこともあるよね

message for …
そっちもいろいろ大変だったんだね
私も将来のこととか 今やっていることとか 不安なことだらけ
言葉にできない もやもやした感情を一生懸命このblogで文字にしてるけど
なかなか自分の中で整理できなくって
だから電話しちゃった
ぐちゃぐちゃ考えていることを吐き出して 少し楽になったよ
ありがとう
私たち 去年も一昨年もそうやって 
不安なことを言い合って乗り越えてきたのを思い出した
また電話するね 
…深夜にボスからメールがあって またかなり落ち込んだ
 ボスとは決定的に波長が合わないんだなぁ と再確認したよ とほほ



::::: what's happened :::::

男子バレー カナダにストレート負け
3大会連続五輪出場ならず
前回がシドニー
その前がアトランタ
つまり バルセロナが最後になるのか
えーっと 1992年?
遠い昔だなぁ


::::: what's done :::::

・先日まで読んでいた本に載っていた参考図書(社会学)を探す
・各方面にメール
・Blog Peopleの「ガチャガチャブログ」に参加

ガチャガチャブログ
 "マウスのクリックとキーボードのスペースキーだけで
 様々な新着ブログサイトをランダムに次々と見ていくことができる
"
 かなりおもしろいよ これ
[PR]
by peacetree | 2004-05-28 17:19 | あしあと
心理学とは何ぞや


::::: 2004年5月26日 Wed :::::

「心理学」ときくと 多くの人はまず「臨床心理学」を連想する
心の病を抱えている人に対して 
何らかの療法で病の源にアプローチし 
その人の問題を解決する<カウンセラー>になれるような学問を想像する
たしかに それは間違っていない
けれども「心理学」の歴史において 「臨床心理学」は比較的新しい分野であり
古くからあるのは「実験心理学」の分野である

「実験心理学」は 人の何をもって「心理」とするかで細分化するが
共通点は "実体のない心を科学的手法によって量的に表現すること"
を目指していることにあると思う
「心理学」の定義は学者の数だけあると言われているから
あくまでもこれは私の考え

「実験心理学」の主な分野は
 知覚心理学 認知心理学(学習心理学/記憶心理学)
また「実験心理学」から派生した主な分野は
 社会心理学 発達心理学 人格心理学 などなど
これらの多くは 「心」を何かの指標で量的に測定し
統計によってデータは処理され 何らかの結論が出される
一方 「臨床心理学」は療法や疾病の分類などが中心で
従来 ケース記録ばかりだったが
近年"evidence based"の傾向がある
もっと科学的であろうとする立場で
極端な例を挙げると
「○○障害の場合 ××の療法が効果的」
という"evidence(証拠)"をベースにして治療にあたろうとするのである
また そういう証拠を論文という形で残していこうとするのである

「臨床心理学」が手法のうえで「実験心理学」に歩み寄っているのと同様
「実験心理学」の分野によっては 「社会学」の手法に倣っている

人の現実世界の現象を 量的に表そうとすると
実際の現象と 研究の上での現象の間に隔たりが生まれることが多い
例えば 
<園児が二人 一緒におもちゃで遊んでいるが 
 おもちゃのとりあいが始まって 
 そして 解決した>
という現象をたくさん集めて 
<子どもはどのようにしてケンカの仲直りをしているか>
という研究をするとしたら
二人の子どもの身体接触の回数や 仲裁役の人物の行動パタンなど
細かいカテゴリに行動を分けて それぞれ何回あったか頻度をカウントする
実際の現象では 一連の行動は流れているのに
研究上では 頻度という点で表現されてしまう
数量化した時点で 何か重要な情報を欠いてしまう
そこで 最近は研究上と実際の現象の解離を防ぐべく
(できるだけ生の情報を落とさないように)
「社会学」からの手法(主にフィールドワーク系)が取り入れられてきた

昨日から読んでいる本は社会学や家族学の視点から書かれている
読んでいて感じたのは
「心理学」も「社会学」も似ているということ
人間が行うどんな現象を扱っても構わない点
現象の解析方法が似通ってきている点

何が違うかといえば 
論理的に考える際の根拠である「理論」や
現象を切り取るときの「ものの見方/角度」
こういうのは 一冊本を読めばわかるものではなく
何冊か読んでいるうちに じわわ~と感じ取れるもの
だから私は
「心理学ってどういうことするの?」
と尋ねられると答えにつまる
だって 私にもぼんやりとしかわからないんだもの
とりあえずわかっていることは 
世の中に多くある「心理テスト」の「心理」って
「心理学」とは全然別物だということ
「心理占い」もかなりいい加減なものだということ
(結構好きだけどね)

--- なんで急にこんなことを考え出したか
を読んでてすっごく悔しかったから
私の関心のある現象を「社会学」という切り口でうまく料理している
 やられたー! という思いと
 でも「心理学」でもおいしい調理できるもの! という思いが錯綜中
これは強気編

弱気になると
 けれど何で私 「心理学」のものの見方にこだわるのかな
 何でわざわざ量的な解析をしようとするのかな
とかとか 考えちゃうのよ~
一歩前進したと思ったのに 後退してどうする自分!

でもまぁいいや おもしろい本だったから
さて 私はどういうふうに研究を進めようかしらね
(やっぱり 全然前に進んでいない気がするー!)


::::: what's happened :::::

北朝鮮のこと書きたいんだけど 時間があれば…


::::: what's done :::::

・図書館
  地元の図書館は意外に心理学の専門書がそろっていてお気に入り
  私が関心のある領域の棚
   ・心理学
   ・教育学(保育/発達障害)
   ・福祉(発達障害)
   ・医療(精神保健)
   ・生物学(コンパニオン・アニマル系の本)
   ・家庭(コンパニオン・アニマル系の本)  

  いつも思うのは 「障害」という棚ができないかということ
  「障害」に携わるのは 医療系 福祉系 心理系 教育系の人
  多岐にわたるのはわかるけれど
  どの人たちもが読む本の置かれる場所がこんなにばらけていると不便
  本屋に行くと フロアが違うこともあってなおさら不便
  時代のニーズに合わせて 本の分類って変えられないのかなぁ
  分類を変えられないのであれば
  同じ本を複数の場所に置いてほしい(特に本屋)
  
・クッキーのグルーミング
・読書@Le CoCo (with クッキー)
[PR]
by peacetree | 2004-05-27 02:27 | あしあと
まずは整理整頓


::::: 2004年5月25日 Tue :::::

ここのところ読後感がさわやかでないエントリーが続いてて
読む方は大変だろうなぁ と思ってます
書く方は意外に楽で 書きながら自分の中を整理してる状態
blogやweb日記で「告白系」が多いのもうなずけます

今日は研究テーマについてつらつらと
いろんなことを考えすぎて 脳内の散らかりようがひどい
とりあえず記憶の引き出しの整頓から

◆23日 Qさんと話してて気づいたこと
よき表現者でありたい
 自分の中にある考えや思いや疑問を的確にoutput できる人を尊敬する
 最近では芥川賞受賞した<綿矢りさ><金原ひとみ>
 私は生涯何かを発信する者でありたい
 今は 頭の中で考えていることはたくさんあるのに うまく外に出せなくって
 必死でもがいている状態なのだろう

コミュニケーションへの関心
 自分が思っていることを表現すること
 それを相手が受け取ること
 相手がどのように受け取ったか推察して また自分を表現すること
 そういった「やりとり」について考えるのが楽しい

 どうして 私の気持ちが相手に通じた気がするんだろう
 あなたは私じゃないのに
 どうして 相手の気持ちがわかった気がするんだろう
 私はあなたじゃないのに 
 情動を介したコミュニケーションに関心がある 

 やっぱり 「心の理論」を使いこなすしかないか 

◆関心のある社会現象リスト
 ペットブーム
 「癒し」を求める現代人
 ストレス社会
 子ども/ペット を育てる
 キレる人 -本能と理性のコントロール
 やすらぎ 慈しみ 共感性 感受性 -教育の現場

◆本からkey wordをピックアップ
何かが動き出すときには いい出合いがあるもの
このタイミングでこの本に出合ったのもめぐり合わせ
24日 新宿紀伊国屋で発見
  『家族ペット-やすらぐ相手は,あなただけ』 
  山田昌弘 著 サンマーク出版(2004)

 「主観的家族論」
 「ペットの気持ちを知りたい = 家族ペットの誕生」
 視点がおもしろい
 家族社会学 未知の分野
 使える考え方が潜んでいそうな予感
 近代の「子ども」誕生の文献から 現代の家族ペットを考察できるか
 さらに家族ペットから現代の子育て論まで論を発展できるか

 学部1年のときの教養で社会学の講義をとったが
 そのときのテキストに家族ペットのことが書かれているのは気づかなかった…
 BOOKOFFに売らなきゃよかった 


::::: what's happened :::::

男子バレー 2回連続で競り負け
がんばれー! 
そうしたら私もがんばれる気がするよ
…と「同一化」

※同一化
防衛機制の一つ
価値ある対象へ自己を同一化することで自己の価値を増強する
[株式会社有斐閣 心理学の基礎]



::::: what's done :::::

・クッキーをグラース動物病院へ →耳完治
 …ストレスで外耳炎になることもあるらしい ビックリ
・読書
[PR]
by peacetree | 2004-05-26 01:12 | あしあと
君のこと 見ているから


::::: 2004年5月24日 Mon :::::

後で書き直すかもしれないけど…

◆IE不調@my PC
これまでのあしどり」で文章を右寄せにした後 
このblogを表示させると警告が出るようになった
 「実行しましたが,ページでエラーが発生しました。」
なぜなのかなぁ
システム違反でもしたかしら…
修正など試みるも 原因わからず

◆25日昼に2000人超える
更新が遅れてる間に2000人超えた模様
もう更新されたかな と何度も覗きに来てくれた人ありがとう
そうそう 私がなぜこまめに来訪者の数を書くのかというと
もちろん多くの人が見てくれるのが嬉しいのもあるけれど
純粋に数字の増減がおもしろいから
心理学でデータ収集に苦労しているので
blogの方の数字の動きで「置き換え」しているのかも

置き換え
心理学用語 
防衛機制」の一つ
ある表象に向けられていた関心や精神的エネルギーが,自我にとってより受け入れやすい,関連する(連想上結びつく)別の表象に向けられることをいう。
[株式会社有斐閣 心理学辞典]

防衛機制
不安や抑うつ,罪悪感,恥などのような不快な感情の体験を弱めたり,避けることによって心理的な安定を保つために用いられるさまざまな心理的作用
[株式会社有斐閣 心理学辞典]


◆見てくれる人
昨日のエントリーを読んでメールをくれた友人がいて涙がほろりと
…いいね 見守っててくれる人がいるって

すっごくたとえが変なんだけど
『ドラえもん』ののび太くんの行動を思い出した
プラモデルを作る話  (28巻「百丈島の原寸大プラモ」より)
遊ぶ前に宿題を片付けろとお母さんに言われて
学校の先生のプラモを作って完成品を背後においたら とてもはかどった 
というのび太くんにしては賢いエピソードが心に残ってる
「誰かが見てる」というのは プレッシャーも与えるけど
見てもらってるという安心感もあるんだよね
とてもとても心強い

本当は 誰よりも何よりも「自分自身」が見ているのだ 
と自覚して責任持って行動したいのだけれど
どうしても怠けちゃうから 
「見てるよ」というメッセージは嬉しかった
ありがとう

メールに書いてあったけれど
行き先はイバラの道だよ ほんと
しかも 鎧を着て歩いちゃいけない道なんだ
鎧を着るといろんな刺激への反応が鈍くなっちゃうから
たとえトゲに傷ついても
生身の自分自身で勝負しなくっちゃいけないんだと思うんだ
生きるのって楽じゃないよなぁ
[PR]
by peacetree | 2004-05-25 19:47 | めじるし
Yes I'm here


::::: 2004年5月23日 Sun :::::

朝起きていちばんにやったことは「これまでのあしどり」の作成
昨夜ベッドの中で突然思いついたんです
朝起きたらやってみようって
何か自分の中の変化の兆しを感じたのかもしれません
今までの自分をざっと振り返って次に進もう みたいな気持ち
身体の奥にかすかな炎を感じていて…

午後に人と会う約束があって
昨夜からドタキャンしたいような でも会いたいようなゆらゆらした状態でした

初対面の人と会って話すのはどちらかというと得意なんですが
今日会う人は 先日突然携帯に電話してきた営業の人だったので
不審感や危険かも みたいな感覚がありました
(なぜ私の番号を知ってるかがナゾ)
天気も悪いし いいやバックレちゃえっ と何度思ったことか
一方 会って話をしたら自分の中の時計が動き出すかもという期待もあって
現状を打破するための一歩として
すごく必要な「出会い」のようにも感じてました

最近の私のblogを読み返すと かなり内向的な思考に陥ってて
あまり長期化すると外の世界とのリンクに支障が出るな 
と少し危機感がありました
「内向」とは ユングのタイプ論で述べられている「内向性」のこと
  ※関心のある方 →タイプ判定テスト
   私は予想通り <内向-思考型 補助自我は感覚>
   テストを試したら「タイプ論解説」も読んで下さいね
だから 外の人と話をしたくなったのかもしれません
あまり自分のことを知らない人と話したら何かが変わるかも
事態が展開するかも
そんな風に考えてました

結局 えいやっとパワーを出して その人と会ってきました
行ってよかった

その人は "英会話学校" の営業さん(男性)
おそらく新卒採用2-3年めくらいで おそらく4大文系卒
国際関係か語学専攻かな(以後 Qさん:イニシャルと無関係のアルファベット)

若者の夢を応援する「Dream Factory」というプロジェクトの話だとか
そのための「World Wide」というシステムの話だとかを延々とされました
とてもおもしろかった
何がおもしろかったかというと "話しながら「私自身」がよく見えたこと" です

プレゼンでの王道だと思うけれど
Xというゴール(幹)に導くために AからFまでの小枝を質問しながら
よりXの意味を深く理解させたり 意義を強くアピールしたりしますよね
こんな具合に
 「ブロードバンドというのをどういうときに感じる?」
 - 私が答えます
 「そうそう AとかBCD 他にEやFもあるよね だからこそ…(略)
  それじゃ国際化って言われてるけど…」
 (以下略)
Qさんが社から教えられた典型的シナリオはこんな感じだろうと思います
ところが 私は一筋縄ではいかない人間らしい
やりにくかっただろうな Qさん… ゴメンナサイ

多くの人が答える可能性の高いAからFにくわえて 
すっごく風変わりなPも答えてしまう
なぜPなのか様々なエピソードを交えて論理的に語る私
逆に説得されて手帳にメモしながら 真剣な目をしたQさんに
 「それユニークな考えですね この考えは使えますよ」
と言われたときは複雑でした
リップサービス50% 本音50%ってところでしょうか
(営業は相手の気分をのらせてナンボなところがあると思うので
 一応リップサービスと本音を半々)

その他にもいろいろ話をしたのですが
話す中で やはり私はかなりスタンダードな意見以外のものを
持っていることに今さらながら気づきました
「心理学」や「発達」などをやってきたゆえに身についた専門的知識
多くの人が体験しないような特異なエピソード
それらを論理的に語るテク
いつの間にか身についていたんです
そしてもうこの業界にどっぷり染まっていて引き返せないところまで
来てしまったのだと気づきました 

好奇心で心理学ってどんな学問なんだろ とわくわくするような段階に
いつまでもいてはいけなかったんです
もちろん初心は忘れてはいけないし
最初の頃の気持ちに帰れることは 重要だと思います
けれどどの道にも先があるんです
物事の真髄を極めようとしたらきついのなんて当たり前
苦しくってつらくって やめたくなるのはきっと誰もが通る道
自分がやりたいと思っていることをやっているからこそ
「やりたがらない今の自分」に絶望する
夢があるからこそ その前の壁にくじけそうになる

この1年間 何度も何度も自分に尋ねてきました
 どうしたの 心理学をやりたくって院まで行ったんでしょう?
 どうしたいの 心理学やりたくないの?夢はどこにいったの?
学部の頃の 心理学の講義に目を輝かせている姿を思い出したり
関心のある本を買いあさって繰り返し読んだ夜を思い出したり
そして 「心理学」の道から逃げたがってる今の自分に嫌気がさす
そんな日々

ようやっと自分の立ち位置が見えた気がします
もうこの業界で骨をうずめる覚悟をしないといけない時期にきてるのに
わかっててわからないふりを長いことしてたみたい
ほんとうにもうやるしかない
腹をくくってやるしかない
そうやって一つ壁を越えたら 視界が広がって
今は見えない選択肢が見えるかもしれない
- Qさんが英会話学校の説明をしている間 そんなことを考えてました

カンはどうやら大当たりみたい
今日はちゃんと思ったように動けてよかった 


おまけ
Qさんと話した後 英会話教師の方(女性Aさん)と英語でおしゃべりしました
いやぁ 楽しかったー
フィリピン時代を思い出しました
私 小学校の頃英語が大好きだったのに
中学の英文法の授業で大嫌いになったのを思い出しました

英会話体験後 Aさんが私の英語能力を診断してくれて 
典型的な日本人とタイプが違うことが判明
 発音/イントネーション(P-I)
 流暢さ
 聞き取り
 語彙
 文法/構造(S-S)
 コミュニケーションスタイル(C-S)
の6項目が六角形に配置され 現時点の能力を直線で結んだ
「total balance check sheet」をもらったのですが
 流暢さ 聞き取り C-Sは得点が高め
 P-I 語彙 S-Sは平均より少し上
要するに 中高と学んできた文法の基本的なところはわかっていても
無視してガツガツ会話をすすめていく
というスタイルのようです
文法と語彙に関しては要勉強 とのコメントが…
英語の論文は読めるんですけど 
会話では時制も主語述語の順序もめっちゃくちゃだものなぁ
ちなみに 日本人の典型的な英会話スタイルは
文法を気にするばかりで会話ができない というもの
まぁ よく耳にする話です

お金ないし 英会話をやってる場合じゃないし
通うことはありえないけれど いいタイミングでいい体験をしたな
Qさん 業績につながらなくってゴメンナサイ
散々人のペースを狂わせといて… でもサヨウナラ


::::: what's happened :::::

カンヌ映画祭
 パルム・ドール(最高賞) 『華氏911』 byマイケル・ムーア
 審査員特別賞(グランプリ) 『オールド・ボーイ』 韓国
      →原作は日本の漫画
 主演男優賞 柳楽優弥

クッキーの散歩コースに「柳楽」という表札の家があるんですが
もし本人の自宅だったら 私の母校(中学)の後輩ということになる?
なーんて妄想をしてみた


::::: what's done :::::

・英会話学校訪問
・黒ワンピを返しに友人宅へ
[PR]
by peacetree | 2004-05-24 14:04 | あしあと
これまでのあしどり∵
last update 04.07.24

 ★めじるし ;このblog上の目印
 ●trackback
 ◆学術
 $みちくさ ;携帯から
 クッキー
 §バンザイ
 みちゆき ;2003年の記事


2004年

アイドリングストップ・デイ [2004-07-30]
踊ってきました♪ [2004-07-30]
Save Our Souls [2004-07-29]
タイムリミット [2004-07-29]
ブラックボックスが導くは… [2004-07-28]
お風呂考 [2004-07-28]
ビーズが好き [2004-07-27]
めぐるめぐる長針 [2004-07-27]
眠りの森のナマケモノ [2004-07-26]
盆踊りの予行練習? [2004-07-26]
ミーハー女のひとりごと [2004-07-25]
探し物 [2004-07-25]
ゴーヤーの種の色は? [2004-07-24]
音楽を聴きに行って何をするか [2003-07-24]
私とワタシの会話 [2004-07-23]
ジグソーパズルのように [2003-07-23]
walk walk walk [2004-07-22]
「普通」って何だろう? [2003-07-22]
子ども脱皮時代 [2004-07-21]
おなかの調子はいかがですか [2003-07-21]
ご主人様とボク [2004-07-20]
携帯から えいやっ! [2004-07-20]
メンテナンスのあしあと∵ [2004-07-20]
親切心と不審感 [2003-07-20]
この感動よ とどけ! [2004-07-19]
汗の力 [2003-07-19]
日朝#02 メイク<クレンジング [2004-07-18]
ゲレンデ的恋 [2003-07-18]
夏!露出アップの夏 [2004-07-17]
鼻水がとまらない理由 [2003-07-17]
耳元で鳴ってる音 [2004-07-16]
カード不能説 [2003-07-16]
「ケンヂ」になりたかった「ともだち」 [2004-07-15]
ホームページの世界って・・・ [2003-07-15]
*message for akmano [2004-07-14]
§◆ゼミ 友だち バンザイ [2004-07-14]
●★アクセス解析 数字は単なる表記記号 [2004-07-13]
peacetree 改造計画 [2004-07-12]
これもまた一種の職業病 [2004-07-11]
恋を語る夕べ [2004-07-10]
選挙の申し子 [2004-07-09]
§◆M論発表会 いつでもそこがスタート [2004-07-08]
暑い夜の熱い過ごし方 [2004-07-07]
§変化を受け入れたなら [2004-07-06]
◆★5000人 ダメ出し大会 [2004-07-05]
ボクの華麗な日曜日 [2004-07-04]
自閉症記事 Party Night [2004-07-03]
ちびクッキー vs. チックくん [2004-07-02]
§◆D指導会 マイ コージースペース [2004-07-01]

2004年 07月


▼more
[PR]
by peacetree | 2004-05-23 09:54 | めじるし
まだ読めない本


::::: 2004年5月22日 Sat :::::

しばらく本棚に入れっぱなしの本があった
昨日 久しぶりに手にとって 今なら読めるかなと感じた

難解な内容ではない
なじみのある言葉ばかりで書かれた柔らかい本
でも なかなかページを開けなかった
心にダイレクトに語りかけてくる言葉が痛かったから

使われている言葉そのものは簡単でも
読みとった人ごとに意味は違ってくる 重さも変わる
読みとったときの心の状態で意味は違ってくる 重さも変わる
人生絶好調のときなら 読み流せる言葉も
迷い 悩み 途方に暮れているときだと 重くのしかかる 

この春に東京を去った友人が私に残していってくれた宝物
今までにも ふとした瞬間に読めるかなと感じたことはあった
適当なページを開いて読んでみて
あぁ まだ読むの早すぎたかも と本を閉じてしまう
言葉を素直に受け取れない
耳をふさいでしまいたくなる

もうちょっと時が経って
本の中の言葉たちを 自分なりにうまく消化できたら
このblog内でやってみたいことがある
何をするかは 今は内緒


::::: what's happened :::::

日朝関係#01
拉致被害者家族8人のうち 子ども5人が帰国

子どもたちの気持ちを想像してみる
もしも私が「その子ども」だったなら

私は日本で20年以上両親と共に暮らす
日常語はもちろん日本語
自分が日本人であると信じて疑わない日々

ある日 両親がA国へ旅行に行くという
A国とはあまり国交がない
不思議だなと思うかもしれない
すると 予定を過ぎても両親が旅行から帰ってこない
一応 政府の方から説明を受ける

それから1年と7ヵ月後
両親は実はA国の人だという
子どもである自分をA国に呼び寄せたがっている
突然の帰国
初めて行く国なのに「帰国」

自分は日本人じゃなかったのか
日本で学んできたことは何だったのか
日本で作ってきた友人関係 近所関係すべてを捨てて
見たこともないA国に帰る

A国に着くと 両親他初めて祖父母 叔父叔母 従兄弟に会う
言葉がわからない
皆 涙を流している
何がなんだかわからない
もう自分にはA国の戸籍に入っていて A国の名前がついていた
今まで 日本で呼ばれていた名前はもうない
二度とあの友人たちに あの名前を呼ばれることはない

---数奇な運命に翻弄されて この先のことが不安でならないだろう
国と国の外交取引にも使われ
マスコミに追いかけられ
これからも苦労することが 本当に多いと思う
願わくば 両親と一緒に静かに暮らせる日が一日も早く来ますように
時間はかかるだろうけれど いつか自分のアイデンティティを
うまくつかめるようになれますように

最後に一言
(両親のそばに)「おかえりなさい」
[PR]
by peacetree | 2004-05-23 02:16 | あしあと
TOP