Top
| Memo | LifeLog | RSS | Image | Skin | Rep

ご愛読ありがとうございました good bye
by peacetree
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
オトナ語の謎
from わたしのブログ
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
傷の深さと与えた罪
::::: 2004年8月7日 Sat :::::

サッカーアジアカップ決勝 燃えました! 
日本の選手たちの精神的なタフネスに拍手 
ワンチャンスをものにするスキルに感服 
  あきらめない
  攻守の切り換えはすばやく
今の私には学ぶところの多い姿ばかり

表彰式で全員が壇上にいるときに 日本のサポーターから応援歌が!
その歌声が聞こえてきたときの選手たちのはじける笑顔が素敵でした
勝利の喜びを分かち合う 
戦いの後の至福な時

さて 今回のアジアカップ
中国サポーターの態度がかなり報道されてました
  日本の国歌演奏のとき 起立せずブーイングも
  スタンドに政治色の強い横断幕を掲げ警備員ともめる
  日本チームのバスが中国人サポーターに取り囲まれる
日本側の報道の要点は
  中国における反日教育が根底にある
  日本政府から警備の強化の要請
また2ちゃんねるを中心にネットでも論争が白熱

中国ではどういう風に報道されているのか気になったので検索してみた



中国の新聞の一つ「人民日報」の日本語webより
日中の決勝戦前のコラム風記事(8/5)
---"勝利に暑くなるのは当然だがマナーもきちんとね"
日中決勝戦前の論評(8/6)
---"スポーツから日中の友好関係を"
日本優勝の報道(8/8)
---"今後も中国チームを温かく見守ろうというサポーターが多くいた"
8/6の記事はなかなか深いです
時間がある方はぜひクリックして読んでみてください
なんか記者の葛藤が垣間見える気がしません?
スポーツなんだから政治は持ち込まないで 
むしろ両国の友好関係を築くのに利用すべき と正論を述べつつも
随所に日本の政府の中国人に対する非礼ぶりを非難している

確かに 国際大会を開催する国として
スタンドでのあの行為や態度は問題だったと思う
単なるスポーツの上の勝負ではなく
国と国の戦いとして見ているのだろう
「日本という国なんか」という感情がヒートアップし過ぎている

中国の人たちにとって 日本なんか なんだなぁ
改めて感じた

でも 太平洋戦争が終結して来年で60年
もう戦後直後に生まれた人が還暦を向かえる
そういう時代になっても これだけ戦争の傷が残るということにもっと注目してもいい
私は今回の中国人の態度や 上記の記事からその傷の深さに驚いた
もちろん教育の賜物だとは思う
背景にあるのは 中華民族としての威信・誇り
日本の人たちにはないものだ

なぜ日本の人はこんなに戦争の罪の部分にあっさりとしているのだろう
フィリピンに住んでいたとき ミンダナオ島のある村で
おじいちゃんに日本語で話しかけられた
その村に日本兵がやって来て教育されたのだという
「私の父はあなたのおじいさんたちに殺されたのよ」
そう言ってきたおばさんもいた
私が生まれて初めて体験した 日本の侵した戦争の罪の部分だ

また 近年の日本は自分たちが受けた傷の部分にも無頓着になってきたかもしれない
原爆忌と終戦記念日が夏休みの真っ最中だからかなぁ
学校がある時期だったら教育に取り入れやすいのに
罪の部分ももっと教育に取り入れていいと思うんだ
たとえば 修学旅行で中国の「戦争記念館」に訪れるとか

そして 今現在 イラクで戦いが続いてる
パレスチナとイスラエルも相変わらずだ
いったい 人間はいつまで戦争を続けるんだろう

相手を傷つけることで己が受けた傷を癒している
報復は報復を呼ぶだけ
"傷を与えたことを罪と認めること"
簡単なことなのに国としての威信が関わるから なかなか実現できない
[PR]
by peacetree | 2004-08-09 03:01 | あしあと
<< 言ったつもり伝えたつもり TOP 目指すは小西真奈美風? >>