Top
| Memo | LifeLog | RSS | Image | Skin | Rep

ご愛読ありがとうございました good bye
by peacetree
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
オトナ語の謎
from わたしのブログ
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
∮古典への誘い(いざない)
::::: 2003年8月5日 Tue :::::

世の中には意外に「古文」が苦手な子が多くて,
別に古文を特に勉強していた(または,している)わけでもないのに,
高校生に古文を教えて数年になる。
それは素敵な先生たちに出会ってきたから。

小学校の時の先生が社会の日本史の時間に出した課題。
 どうやって平安の人たちはトイレに入った?
私の古典への入り口はこんなところ。

中学の時の先生が古文が大好きで,いろいろな古典の物語をしてくれたから,
文字より先に音で古文に出会った。
男女の恋の話。
近所の某の失敗談。
貴族たちの権力争い。
栄枯必衰。諸行無常。
何かを示唆するような機知に富んだ話たち。
どれも大好きになったよ,ありがとうK先生。

高校の時の先生が古典文法をオリジナルプリントで教えてくれた。
捨てられるどころか未だに大活躍してるプリントたち。
そう,品詞分解をできるようになると結構読めるんだ,古文って。
構えを解いてくれたM先生,今私が生徒の構えを解いてます。

高校の時に通っていた塾の先生に薦められた問題集。
先生が教えてくれた,「入試古文」の読み方。
今,この問題集を使って生徒に秘伝を伝授してます。

視角的に古典の雅さを堪能したのは大和和紀(先生)の「あさきゆめみし」。
調度品や居住,衣装のイメージの原点はここにある。

自分の専門に「古典」を選ぶことはなかったけど,一生好きだと思う。
生徒にうまく古典の楽しさを伝えられたらいいな。
[PR]
by peacetree | 2003-08-05 00:39 | あしあと
<< ∮when I go to ・・・ TOP ∮発売日一日前 >>