Top
| Memo | LifeLog | RSS | Image | Skin | Rep

ご愛読ありがとうございました good bye
by peacetree
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
オトナ語の謎
from わたしのブログ
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
数字は単なる表記記号
::::: 2004年7月13日 Tue :::::

数字に何らかの意味を持たすのは 個々の人間の価値観または文脈
数字そのものは順序を表記しただけにすぎない

数字に意味付けを行うのは大好きなのでいろいろ考えてみた

◆参院選結果の報道より
マスコミ各社の論調は「自民敗北 民主躍進」で足並みがそろってるけど
数字の上ではどうなんだろう?



今回の議席数の変化を私なりの切り方でまとめるとこんな感じ

参院総議席数:242 (今回は121議席決定)
選挙前 与党:139 野党:103
選挙後 与党:139 野党:103

与党
自民 116      115
      5049
      非改選 66
公明 23      24
      1011
      非改選 13
野党
民主 70      82
      3850
      非改選 32
共産 20       9
      154
      非改選 5
社民  5       5
      22
      非改選 3
他  11       7
      95
      非改選 2

与党/野党で切ると 議席配分は選挙前と全く変わらない
なーんだ 

「自民敗北」
---なのかなぁ
目標の51議席に届かなかったのは負けかもしれないけど…
 昔から自民が強い地方で負けた だとか
 一人選挙区で負けた とか
その負け方という文脈を加えたら 
マスコミが「敗北」を連呼するのもわからないでもないけど…
数字だけ見たら 「現状維持」だよね?

投票率が56%だけど
大方の民意を反映したのが 今回の結果だと仮定して
「(年金問題だとかイラク問題だとか言いたいことはあるけど)とりあえず今の与党でやっていくしかなさそう」
という国民のmindがreadingできる気がする

「民主躍進」
---うん 確かに
非改選分を除いて 今回の選挙だけに限ってみれば
いちばん票を得ているのは民主だもの
そっか だから「自民敗北」なのか

民主の票はどこから流れてきたのかな
あぁ 共産がみじめなことになってる
要するに共産の持つイデオロギーが今の政治・社会の中では生かされない
という証明かな
共産の支持年代がわかるとおもしろそうだな
私の仮説
「共産を支持しているのが高齢者層 
 若年層には受け入れられてない」
どうだろ?

「その他」としてまとめちゃったけど
無党派層の票も民主が取り込んでるね
まとめると
「今の与党は支持できないから 野党の最大党の民主に一票」
という票の流れかな
小泉さんが総理になった頃 無党派層の票を獲得して躍進してたけど
今の小泉政権にはその力がない 
ということなんだろうな

社民は社会党時代の面影がないな
土井党首の頃の元気よさはもう無理なのかな
時代が変わったと見るべきだね

与党/野党の議席配分は変わらなくっても
野党の最大党の人数が増すということは 
法案の採決においてもその党意を無視するのが難しくなるわけで
以前のような強行突破は無理になるかもしれない
だから
「自民敗北」であり 「小泉内閣改造か?」となるのか
うむうむ なるほど

でも 数字の上では「現状維持」
それが小泉さんの強気発言につながるんだろうな

最後に二大政党について
えーっと はっきりいって「民主党」の姿がよくわからん

ここで tool box under the tree からトラックバック
イデオロギーの時代が完全に終焉を迎え、その分「イデオロギー色がなく、かつ、民衆寄り」のイメージをもつ民主党が躍進したのである。
 しかし、民主党とて、旧社会党や旧一部自民党や旧自由党の寄り合い所帯が、民主党イメージにより脱色されたものである。旧イデオロギーの違いを抑えつつ、民衆寄りのさわやかイメージを喚起しつつ、具体的な政策は打ち出せていないのが現状である。<中略> つまるところ、今回の「自民現状維持、民主躍進」は、双方とも「無色に脱色されている民衆寄りのイメージ」が肯定されたに過ぎないのである。

あー なるほどねー
以前より 与党も野党もテレビ広告をバンバン使うし
小泉政権になってから 政治がワイドショー化して
中身のない薄っぺらな言葉が横行してるものね
「この国を想い/この国を創る」 vs. 「脱永田町」
---「民衆寄りのさわやかイメージ」合戦のスローガン対決


◆アクセス解析導入1ヶ月
さて 1ヶ月アクセス解析の数字を見てていろいろ気づきましたよ

  ヒット回数 2515
  ユニーク人数 1983
 
・exciteの来訪者の数とユニーク人数が近似値であることが多い
・1983を30日で割って ---ほぼ一日66人ほどが来ている
・21時から24時に来る人が多い
・金/土になると来訪者が減る
・常連は少なくみて15 多くみて20
・検索エンジンを使って来た人の検索語は多岐にわたる
 しいていえば 研究系の語句が多いかも

来訪者の多い記事 ランキングベスト10
 単に私の書き直し回数が多いため上位に上がっちゃった記事がちらほら

  1 イラクの囚人と看守の話
  2 ゼミと勉強会 
  3 講習会
  4 そらまめの話
  5 新宿での買い物の話・藤崎論文
  6 発達心1日め
  7 このblogについて
  8 これまでのあしどり
  9 自閉症の話
  10 発達障害の話

学術系の単語検索でここに来てしまった人には申し訳ない気持ちでいっぱい
excite blogってなぜかgoogleの検索上位に来ちゃうんだよね
  google検索上位  情報量が多い or 情報の信頼性が高い
もっと読む人に親切な表現方法にすべきなのかなぁ

¶information
そうそう 不親切極まりない語句を頻繁に使っていたので
ここに書いておかなくっちゃ
疑問! って言ってくれたアナタ ありがとー

私がよく使う「リサミ」
は 「リサーチミーティング」 の省略系です
かなりの方言であることに気づかず 多用しちゃいました
(google検索で66ヒット しかも私2番めだし)

ゼミ(=講座)の中で お互いの研究の進み具合を報告して 
研究のブラッシュアップをするミーティングのこと です
私がいるのは 「発達心理ゼミ」

でも "what's done"でよく使う「ゼミ」は 授業のことを指してます
発達心理以外の心理の人も参加できます
リサミは 発達心理の人だけ

さらに 「研究室」とは 心理学専攻全体のことを指して使ってます

ローカル色が強いのに 前置きなく使ってて混乱させたかも
ごめんねー >常連さん



::::: what's done :::::

文献検索メモ
学習障害に関する論文
 :小児医療系のジャーナル
 →福祉系にもあたること
mind readingに関する論文
 :ToMM(心の理論)関連の書籍
 →認知論ではなくコミュニケーション論のものを探すこと
[PR]
by peacetree | 2004-07-14 11:14 | めじるし
<< 友だち バンザイ TOP peacetree 改造計画 >>