Top
| Memo | LifeLog | RSS | Image | Skin | Rep

ご愛読ありがとうございました good bye
by peacetree
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
オトナ語の謎
from わたしのブログ
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
わたしんちの話


::::: 2004年6月9日 Wed :::::

今朝はガガガガというドリル音で目が覚めました
何事かと飛び起きて数秒後 
昨晩母親が
「明日リフォームの人が来るからね」
と言ってたのを思い出しましたよ

去年の夏の終わり頃 お座敷の畳を張り替えたんです
(君たちが来ると使う部屋だよ > for friends)
そのとき 畳屋さん曰く
"床下にある木材が腐っていて危ないよ" と
"畳を支える軸が朽ちたら 床が抜けるから工事した方がいいよ" と

我が家はのんびり屋の集合体なので
まぁ そのうちね とほっといたのですが
どういうわけか父親が急にやる気を起こし
リフォーム決行とあいなったわけです

もともと木造平屋の祖母宅に我が家を増築しまして
私の部屋は 祖母宅のお座敷の屋根裏と接しているので
ドリル音がとても響いたようです

 <図解>
    ┌──┐
    │   │←旧祖母宅(平屋)
 ┌─┴──┤
 │      │←増築部分(二階建て) 私の部屋は二階の<┘>の辺り
 └────┘

午前中で工事は終了しましたが
クッキーはずっと落ち着かず 部屋をうろうろしてました

今日 工事をしてくれた大工さんが言うには
そんなに心配するほど傷んでなかった  とのこと
台所で母親が「畳屋ー!」と吠えてたのはここだけの話
それでも床下にファンを取り付けてもらい通風をよくしました
(タイマー設定で10時から16時まで作動)
これで安心だよね? 

さらに シロアリの被害にあってるかチェックもしてもらいました
旧祖母宅の方は無事だけど
増築部分との境目に若干アトが見える  と言われました
旧祖母宅の方は 築40年くらい
増築した部分は 築10年ちょっと
どうやら今度はシロアリ駆除の出番のようです
持ち家の管理は大変だと 母親がぼやいてました

        ++++++++++++++++++

はっきり言って うちの土地はデカイ
(新宿から電車で10分な場所のわりには)

庭でバーベキューも花見もかくれんぼもできます
たけのこも生えるし 季節の果物が楽しめます
スモモ アンズ ウメ クルミ ビワ ミカン イチジク カキ etc.
そして同じ敷地内に叔父の家もあります

そして うちの土地は古い
今風のガーデニングと180度逆のうっそうとした庭です
我が家が増築する前まで お風呂は「五右衛門風呂」でした
庭の木の枝を処理するのにとても便利だったようです
母が嫁いだ頃(30年程前)は 上水道がなく 
井戸水ですべてをまかなっていました


そうそう庭といえば いくつかおもしろい話があります
私が高校の頃のこと
朝 学校に行こうとすると 竹やぶの中に一人の女性の姿がありました
「不法侵入者」です
両親が話をしに行くと
 木々と会話をしているので ほっといてくれ
と言うのです
 私は木から気をもらわないと生きていけない
 ちょうどエネルギーが切れたので ここで補充するのだ
 だからここから動けない
と言うのです
いやぁ 驚きましたね
なんて勝手な言い分なんでしょう
世の中 愉快な人がいるものです

デンと座り込んで あやしげな独り言をぶつぶつと言い出して
気がふれたか と思い 
保健所の人を呼ぼう とか
やはり不法侵入だから警察だ とか
大騒ぎしたけれど
結局近所の派出所から来たお巡りさんの姿を見たら
あっさりと立ち上がりました

事の成り行きを見守りたくって 1時間めをサボったのは私だけ
弟と妹はマジメに登校してました


私が小学生の頃(まだ増築前)
父親が夜 五右衛門風呂を焚いていたら
背後で足音がして 振り返ったら泥棒だった
ということもありました
「誰だー!」 と叫びながら 庭中追いかけっこした父
勇ましい!
私たち子どもはちょうどサザエさんを観てて
今でもサザエさんとセットで思い出すエピソードです

ちなみに翌朝 これまた近所のお巡りさんが実地検分に来て
庭を歩きながら
「その泥棒はここは通らなかったようですね」
と 庭の道をふさぐような形で大きく作られたクモの巣を見ながら
まるで探偵のように言ったときは 思わず吹き出しました
クモなんて一晩で簡単に巣を作り上げるのに
このお巡りさん 知らなかったんですね

--- 母親と家の話をしたら いろいろ思い出したのでつい書いちゃった


::::: what's done :::::

「マインド・ブラインドネス」の考えも使えるかも?
日本の家族について文化論的視点から考える
[PR]
by peacetree | 2004-06-10 02:36 | あしあと
<< 自転車で山道を行く TOP インフォメーションレスなblog >>