Top
| Memo | LifeLog | RSS | Image | Skin | Rep

ご愛読ありがとうございました good bye
by peacetree
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
オトナ語の謎
from わたしのブログ
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
寝回復


::::: 2004年5月10日 Mon :::::

おはようございます(現在11日午前)
11時間眠ってすっかり回復しました peacetreeです

別に虚弱体質でもないし 体力がないわけでもないんですが
ときどき電池の切れたロボットのように エネルギーがゼロになることがあって
そういうときはひたすら眠ります
この日(10日)もそんな感じでした

研究室で普通にPCに向かってたんですが
突然 うわー何だろ だるいなぁー と
しばらく机に突っ伏して眠りました
廊下の足音や隣室で椅子が動く音が聞こえて 
その浅い眠りの中でいろいろ夢をみた気がします

ようやく電車に乗れるくらいまで回復したので
なんとか駅まで歩いて電車に乗ったんですが 今度は吐気がしてきちゃって
大きく息を吸ったり吐いたり 生唾を飲み込んだりして
自分の身体を誤魔化して つらいのをやり過ごしてました
車掌の駅名のアナウンスも聞こえないし 
眠っているのか起きているのか そんな狭間の世界でゆらゆらしてました

機械的に途中で特急に乗り換え 新宿の人込みの中を歩き
JRに乗ったときは気分の悪さは頂点に達していて
ちょうどラッシュアワーで 電車の中は湿気と暑さでもわ~んとしてて
必死で倒れないように 吐かないように 立ってました
速く 早く 自分のベッドに行きたい それだけを考えて

何度か 目の前で座っているサラリーマンの方に席を譲ってください と
言いそうになったのですが 勇気が足りなくって言えず
そのうちようやっと地元の駅に着いて ゆっくりゆっくり歩いて家まで帰りました
タクシーに乗ろうかとも思ったんですが これ以上乗り物に揺られたくない
という気分もあって 商店街の中を本当にゆっくりと歩いて帰りました

家族の「おかえりー」という声とクッキーのワンワンという声にほっとして 
具合悪いからと夕食を食べずにベッドに倒れこむように寝ました
待ち望んだ私のベッド

母親は私の「電池切れ現象」を熟知しているので
(おそらく幼稚園の頃はもっと頻繁にぶっ倒れてたと思う)
「そういう風になるの 久しぶりねぇ」と苦笑して ほっといてくれました
23時頃 一度起こしてもらって 
メイクだけは落として (忘れると翌朝大変なことに!)
着替えて眠って起きたら7時半
もう気分爽快
今日(11日)も頑張るぞ
[PR]
by peacetree | 2004-05-11 10:01 | あしあと
<< 行くモノ来るモノ TOP 必殺仕事犬 >>