Top
| Memo | LifeLog | RSS | Image | Skin | Rep

ご愛読ありがとうございました good bye
by peacetree
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
オトナ語の謎
from わたしのブログ
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
必殺仕事犬


::::: 2004年5月9日 Sun :::::

ボクには仕事がある
お姉ちゃんはそういう仕事ができる犬を探してて ボクらは出会った
だから お姉ちゃんとボクはパートナーでもあるんだ

お姉ちゃんは「人が動物に癒されること」に関心があって
俗に言う「アニマルセラピー(※1)」を実践したかったんだって
本ばかり読んでも埒があかないからってさ
だから ボクは結構うるさくしつけられた(と思う)
JAHA(※2)のCAPP活動(※3)をはじめてもう3年めだ

朝からお姉ちゃんはばたばた車の準備をしてて
ボクはまたお出かけかと思ってそわそわしてた
前回の仕打ち ワスレテナルモノカ・・・)
でもどうやら今回は本当にボクのお出かけらしくって
小雨の中をボクは元気良く車に乗り込んだよ

今日の活動場所は空を見上げると 
代々木のエンパイヤーステートビル風尖塔が見えるところ
集合時間より50分近くも早く着いちゃって
お姉ちゃんは暇でお昼を食べたり お昼寝をしたりしてたよ
ボクはエンジン全開で全然落ち着かなかったけどね

13:45 ミーティング開始
CAPPのユニフォーム(ボクはスカーフ お姉ちゃんはTシャツ)もバッチリ
獣医さんに簡単な健康診断を受けて 
今日の活動の流れの説明がリーダーさんからあって
14:00 「茶摘み」の曲に合わせて入場
ここは痴呆の重い方もいらっしゃるけど 活動スペースが大きいのと
施設のスタッフの方が多く サポートしてくれるので
ボクはのびのび遊べるんだ(あ・・・ 仕事だったっけ)

最初は「一芸コーナー」
自分の得意技をみんなの前で披露するのさ
トップバッターはこのボク
輪の中心に出て お姉ちゃんが自己紹介をする
ボクの持ち技はボールのジャンピングキャッチ
どんなボールでもドンと来い 
(変化球は無理だけどね)
ボールを投げてもらう前に お姉ちゃんはいろいろコマンドを出すんだ
「おまわり」「ふせ」「おすわり」などなど
でもどれも簡単 いつもやってることだからね
技をビシバシ決めて 拍手喝采 ボクは意気揚々と退場したよ

みんなが技を披露し終わったら 「触れあい」をスタート
利用者の方 一人一人にお姉ちゃんがボクをはさんで語りかけるんだ
そして 身体に不自由がない方にはボールを投げてもらうよ
ボールはやわらかくって手のひらにのるちょうどいい大きさなんだけど
高齢者の方の手からは なかなかボールが離れない
いつまでたってもボールを持ったまま
そういうときでも ボクはじっとボールを見つめて待ってるんだ
ときどき あまりにじらされて我慢できなくって わんっ と声を出しちゃうけどね

CAPPでは あまり吠える犬は好ましくないとされてるんだ
でも ボクの住んでる家は家族みんなとってもおしゃべりで
ボクもそれに負けじと声を出すから 他の犬に比べてボクはおしゃべり
今日も 何回か声を出しちゃったんだけど
ボクの声は ぼんやりとした世界を生きている人に確実に届いて
突然ハッと目が覚める利用者の人もいるよ
今目の前の犬をなでているのに ボクの声にビックリして
「犬がいる!犬がいる!どこ?」
と言ったりするんだよ
ボクの声もそう悪いものじゃないでしょ

1時間活動は続くんだけど お姉ちゃんはボクの様子を見ながら
何回か休憩をとって 合間合間にごほうびももらった
15:00 お別れの時間
ガムテープで利用者の方についた毛をとりながら お別れのあいさつをして
さぁ おやつターイム
ボランティア仲間が持ってきたおやつを互いに交換して
ボクは普段食べられない極上品に舌鼓を打つ
今日は ラムの耳がおいしかったなぁ~

人間の方は反省会をしているよ
お茶と軽いスナックが出てリラックスした雰囲気の中 
よかったところ悪かったところを出し合って
次回の活動がより実りのあるものになるようにしていくんだ
途中で ボクの声が話題になってお姉ちゃんは真剣な顔で
獣医さんのアドバイスを聞いてたよ
15:30頃 解散

ボクはまた車に飛び乗って さぁ寝て帰るかとゆったり座った
いつものように新宿の雑踏を通って 甲州街道から環八へ…
あれ? 変なところで曲がったぞ
見慣れない景色にボクはどきどき
お姉ちゃんは何食わぬ顔で車を走らせ 着いた先は大宮前神社
なんでこんなところに? 

        ++++++++++++

※1 正確には「動物介在活動」(Animal Assisted Activity;AAA)
    詳細はこちらのサイトがよくできてます →Animal Tails
※2 社団法人日本動物病院福祉協会
    (Japanese Animal Hospital Association;JAHA)
    動物病院中心の団体 セミナーや優良病院の認定を行ったりする
※3 Companion Animal Partnership Program
    JAHAが行っているAAA及びAAT(動物介在療法)の総称

        ++++++++++++

昨日 Yに頼まれて録画した「冬のソナタ」を渡すために
大宮八幡宮で待ち合わせ
(クッキー間違えてるぞ と責任を押しつけてみたり…)
境内は大きな木で覆われて 雨にぬれないでいられる
クッキーは超ハイパー元気で Yに「トンちゃん」を投げてもらって
境内を走る走る
様々な人が来るところでノーリードはよくないのはわかってるんだけど
(犬が怖い人だっているしね)
雨で人が少なかったのをいいことに 自由にさせちゃいました
悪い飼い主です

雨足が強くなってきたので Yとバイバイをして
家に着いたら17:30
お疲れ クッキー
Yから「クッキーに癒されたよ~」とありがとメールが来てたよ
以上 スーパー癒し犬クッキーの一日でした


::::: what's happened :::::

母の日
頼んだ花束は期待通りかわいかった
┌────── 本日の夕食メニュー────────┐
  手巻き寿司           
      イカ納豆とシソの葉巻き      
      山ゴボウとシイタケと厚焼きたまご巻き
      ネギトロ巻き
      アボカドとトロ巻き   
  はんぺんのお吸い物 
└───────────────────────┘
ちょっと変わった手巻き寿司 おいしかった


★花の柳や
 Tel 03-3393-4187 
 荻窪駅南口仲通り 徒歩1分



::::: not see but watch :::::

本日の参加動物
トイ・プードル 2
ミニチュア・プードル 1
まめ柴 1
ラブラドール・レトリーバー 1
コーギー 1 (クッキー)
ネコ 2
ウサギ 1

出発前 クッキーがかなり興奮気味
早めに到着してリラックスできる時間を設けた
私も眠かったので 長椅子に寝転がってみる
クッキーが伏せてあごをつけ始めた
しめしめ いい傾向

トップバッターで一芸披露
やはり落ち着かない
アイコンタクトがずれる
今日の活動 何事もなくすめばいいけど…

AAAの難しいところ
それは ハンドラー(飼い主)と犬との間の相互作用が大切ということ
うまく回ればとてもいい空気を生むけれど
悪く回るとお互いがお互いの足を引っ張ってしまう
例えば クッキーが興奮気味のとき 
私は無意識のうちにリードを強く引いてるかもしれない
クッキーはそれに無意識に反応して よりテンションが上がるかもしれない
いつだって心の状態をゼロにして 初心に戻って
そう思ってるけど 現実はなかなか難しい

個別活動に入る
クッキーは当然ボールを投げてもらうものと思ってる
わりと辛抱強くボールが投げられるまで待っている
手元から転がり落ちるようなボールでもうまくキャッチしてみせる
車椅子の位置からだと クッキーがキャッチしたところが見えないかもしれない
今度は後ろに控えてるご家族の方に遠方から投げてもらう
少し利用者の位置から離れるから視界に入ったかな
利用者の方の顔に少し微笑みが浮かんだようだ
よかった 

スタッフの方が一生懸命 クッキーと利用者の方がボールで遊んでいる姿を
写真で撮ろうとしているので うまくタイミングを合わせる
クッキーに触りたくって手を伸ばしている方には 
おやつで誘導して クッキーの頭の位置をうまく手の近くまで動かす
車椅子は前部分が大きくって 犬に触らすのが結構難しい
椅子の横に身体を割り込ませて 側面からクッキーを誘導する

とてもおしゃべりだけど おっしゃってることは理解しづらい方がいらっしゃって
話をうんうんとうなづいて聞いているうちに
クッキーが退屈して ワンと一声
そうしたら急にその方が驚いて 犬は怖いものだとおっしゃった
その方が恐怖の顔だったので 悪いことをしたと猛省
でも見方を変えれば 夢の中にいたその方が
とても現実検討力のある会話を一瞬でもしたということは
それもまた いいことだと言えるかもしれない
でも やっぱり恐怖を与えてはいけない

失敗することなく無事活動終了
最後 参加した犬全員がノーリードで一列に並んで
ハンドラーが少し離れたところから一斉に声をかけてダッシュさせるという
「まて/こい」を披露
クッキーはなぜかこれが得意で
他の犬がフライングしても ひたすら待つ
私の手元にあるおやつを見て よだれをたらたら垂らしながら ひたすら待つ
前足によだれが垂れ
胸のあたりがよだれで濡れ
それでも 私の口元を必死で見て待つ

リーダーの号令があって ハンドラーが口々に言う
「こい!」
最高のダッシュ力で一番速く駆けてきたのはクッキーだった
よくガマンしたね えらいぞ

今日の反省
クッキーの要求(おやつくれ)を先読みして与えすぎたことで
クッキーの吠え声を暗に誘ってしまったかもしれない
次回気をつけよう
[PR]
by peacetree | 2004-05-10 15:57 | あしあと
<< 寝回復 TOP やっぱり女同士よね >>