Top
| Memo | LifeLog | RSS | Image | Skin | Rep

ご愛読ありがとうございました good bye
by peacetree
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
オトナ語の謎
from わたしのブログ
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
犬めぐり


::::: 2004年4月22日 Thu :::::

久しぶりにお姉ちゃんとお散歩
今日はあっついねー ボクは毛皮を脱げないから暑いの苦手なんだ


風が強いから 思ったよりもつらくない暑さ
道路も 夏の時とは違って熱くなってないから クッキーの肉球も平気でしょ
自転車を出してきて クッキーのおやつを持ってLet's Go!

午後 たっぷりお昼寝しちゃったからか すぐには走れない
てろてろ お姉ちゃんのチャリの後をついていく
はあはあ もう舌が出さないとつらくなってきた
やっぱり暑いの嫌いだー


私の住んでいる地域には「わんわんパトロール∵」という有志の活動があって
犬のお散歩している人がおそろいの腕章をつけて
散歩兼地域の見廻りをしている
犬にも 腕章と同じ色のスカーフをしたり 服を着せたりしているので
遠めからでも パトロール参加者・参加犬がわかる
おぉっ パトロール隊発見!

お姉ちゃんの母校S中の前に 犬が5匹
コーギーもいるよ 誰だろ? あーゴウくんだー
わーい ゴウくんママ久しぶりっ


クッキーがゴウくんの飼い主さんにぴょんっと飛びつく
ついでに犬の方にも挨拶
犬<人間 が好き なのは相変わらずだわ

しばらくパトロール隊と一緒にいたんだけど
途中でお姉ちゃん 離脱
何で?何で?
「だって 皆と一緒だと遅くなっちゃう」
でも ボク本音知ってるよ
おじさん・おばさん集団に長居するの嫌なんでしょ?


そっちに行きたくないー というクッキーの強硬な主張
(リードを引っ張って座り込んじゃう)
は当然無視され 集団から離れて直進
んで なんとなく左折したら…
うぎゃっ パトロール隊第二分隊と遭遇!

さっきは小型犬・中型犬の集団だったけど
今度は大型犬ばっかり♪
ボク 大きい犬友だちの方が好きなんだ 遊ぼうよっ


8ヶ月だというG.レトリーバーの女の子とじゃれて
MIX犬とにおいをかぎあって クッキーは大型犬6匹の中にずんずん突進
中には相性の悪い犬もいて お互いウーと言い合う
うまくリードを誘導して そういう犬とはちょっと距離をおけば大丈夫
しばらく集団について歩いた
(クッキーがそこから離れるのをあまりに拒んだので)

今日はー たっくさん友だちに会えた
暑かったけど チャリで走ったから疲れたけど 楽しかったなぁ
あ お姉ちゃんまだおやつくれてないよ 忘れないでよね


だーかーらー よだれをたらすなっ


::::: what's happened :::::

イラク情勢#09
毎日新聞 22日朝刊社説より

やっぱり気になる自己責任論

"外務省の竹内行夫事務次官は「邦人保護には限界がある。 自己責任の原則を自覚していただきたい」と不快感を表明した。 確かに竹内次官が言うように危険なところへ出かけていく場合は、自分の身は自分で守る覚悟と用意周到な準備が必要だ。 3人は情勢への認識が甘かったと指摘されても仕方がない。"

外務省を始め 国の機関はマイナスが評価されるからつらいところ
うまくいって当然 つまり評価はゼロ
失敗したら こき下ろされマイナス評価
プラスの評価はない

危険な国に対して 退避勧告をする
それでも渡航を法的に禁止するわけにはいかない <憲法22条
その中で邦人の命に危険が迫ったら 全力で救助しなければならない
国とはそういうもの
そういう国に対して 私たちは税金を払ってる

"イラクに自衛隊を出している以上、日本人が政治的に人質として利用される立場にあることを忘れてはならない。一方、人質事件を通じて中東の世論に日本人の中に政府と異なる意見の持ち主がいることが理解された。イラクの子供を支援する日本人女性や劣化ウラン弾の被害を心配する若者がいることも広く知られたに違いない。"

自国の列車テロで多大な犠牲者を出したスペインは軍撤退を始めた
他にも イラクから兵を退く国が出始めた
サマワで自衛隊を歓迎するイラク人は5割を切った
後に解放された二人が犯行グループに持たされた手紙 「日本は友国」 「自衛隊を撤退させてほしい」 「敵はアメリカとイギリス」のことばの持つ意味
イラク全土で過激派テロ組織が暗躍していること
日本国内でテロがあるかもしれない危険性

今こそ全国民に尋ねて 
自衛隊派遣が適切かどうか判断しなおしてもいいのではないか
スペインのような惨状が起きる前に

アメリカとの条約・同盟関係を持ち出すよりも
日本という一つの国がイラクという一つの国に対して
どのように関係を作っていきたいのか 接していくのか
明確なビジョンを持ちたい
それこそ 自己責任の中で

幼少時代 戦いのある国に住んだ者として一言
生活の中に戦いがあるのは 大変なストレス
力で抑えたら 力ではねのけられる
自分の国を他国の軍が荒らすのに 何も感じない国民がいるはずがない
イラクの治安を安定させるのに必要なのは軍なの?


::::: what's done :::::

だいぶ本調子にもどってきたので 自宅でがしがし作業を進める
発達心の新着論文が届いたので目を通す
藤崎さんの原著が掲載されてる 

今日気づいたこと
このblog tableタグが使えないの…
[PR]
by peacetree | 2004-04-23 10:33 | あしあと
<< ビフォー・アフター TOP ふらつき人間の一日 >>