Top
| Memo | LifeLog | RSS | Image | Skin | Rep

ご愛読ありがとうございました good bye
by peacetree
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
オトナ語の謎
from わたしのブログ
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
自分を言葉で綴る


::::: 2004年4月15日 Thu :::::

昼間 スキンを整えるときに 参考にしようと様々なblogを見て考えたこと
"人はいつからこんなにも自分を表現することに投資するようになったのか"

心の中の想いや社会について感じたこと 空想や夢
今日あったこと 過去にあったこと これからの予定
それらを文章や詩にまとめる
匿名の世界の中で 自由に自分を書く=描く
時には理想の自分を演じて
時には決して現実世界では吐露できない心の闇を晒して
言葉を綴る

自分を言語で表現するには 言語能力がある程度必要である
現在の教育体制になって 識字力がほぼ100%になって
たとえ拙くっても 自分を表現する術を手に入れられるようになった

また 言語を表現する媒体の変化も 重要な要因だ
一般家庭にPCが浸透して 面倒な漢字変換や
文章の体裁がキーボード上で容易く行えるようになった
昔から 日記という「自分と対話する」文化はあったが
その土壌が 「personal」なコンピュータ上に河岸代えしたのだろう

ちょっと脱線するが
一日に生産される文字の数は 年々増えているのではないだろうか
昔より本があまり読まれなくなった とよく言われるが
昔より文章がたくさん生まれている とは言われない
でも ネットの世界で 確実に毎日大量の文字が刻まれ
それを 多くの人が読んでいる
文字に接している時間は 決して減っていない
むしろ増えているかもしれない
(携帯メールは 短文を生み出すいい教材だ)

話を元に戻す
そもそも 日記とは自分の脳内でする自分との対話を文字化したものである
それを ネットという匿名の世界で 不特定多数の人に公開する
いわゆる従来のweb日記は ただ一方的に公開するだけで
もしレスポンスがあるなら メールなどの他媒体を利用しなければならない
相互性があるようで どこか一方通行な部分が残る

しかし blogはダイレクトにコメントがつく
自分内での対話(記事Aとする)が 他の人と共有され 
さらに他者が記事Aについて 自分内で対話し それを記事Bとして公開する
こうして トラックバックによって 記事が連鎖し
それぞれの脳内で様々な化学変化を起こし それぞれの知識となる

コメントがつくことで 書き綴ることのモチベーションが上がって
紙上の日記では継続できなくっても 意外とネットでは続くこともある
一方で うまく想いを言語化できないことで 行間を誤って解釈されて
思いがけず傷つくこともある
固定の読み手(よくコメントを寄せてくれる人)を意識して 
blogが半ばイベント化し 自分で自分の首を絞めることもある
日記から生じるイメージが勝手に先行し 
よくわからない他者に踊らされ 自由をなくすこともある

それでも自分を表現していく
なぜ?

ここに存在することを知っていて欲しい
こんな考えを持っている自分を 誰かに見つけて欲しい
そんな気持ち?
SMAPの「世界に一つだけの花」じゃないけれど
匿名の世界に 自分という一つの花を咲かせたいのかな?

でも 現実じゃない
匿名の世界に 咲かせている
なぜ?

自分を赤裸々にすれば 現実の対人関係はうまくいかないから?
今の生活を維持するには その生活の中で求められている自分を出すしかなく
そのはき口が 匿名のネット世界?
現実で自分を抑えていて たまりにたまったストレスを解消する場が
匿名の世界にあるのかな

ストレス社会が 文明が成熟した結果だとしたら
匿名の世界に自分を表現する場を求めるのは
高度文明を持てば持つほど 逃れられない欲求なのかもしれない

"人はいつからこんなにも自分を表現することに投資するようになったのか"
食べるのに困らず
住むのに困らず
着るのに困らない
そんな文化に生きる人たちの
単なる娯楽ではなく
よりよく自分を維持するための 生きのびるための手段として
web日記があるのだとしたら
ちょっと悲しい気もする


::::: what's happened :::::

イラク情勢#05
日本時間午後8時45分 無事3人とも解放!万歳!
北海道東京事務所で待機していたご家族の方がテレビ報道を観て
歓喜の声をあげているのを ニュースで見て目が潤んでしまった…
よかった 本当に

まだ拉致されている邦人が二人いて しかも犯人側からコンタクトがないらしく
イラク情勢は予断を許さない情況
どうか この二人も健康な状態で日本に帰国できますように

ゼミの先輩たちは 官邸にシュプレヒコールしに行った
私は 地味にこのblogでイラクのことを記述していこう


::::: what's done :::::

論文の計画 練り直し
分析単位が決まらない
H先生が海外から帰ってきたら相談にいこう
(嫌な顔しそうだな… 発達の研究って統計学的にぎりぎりだもの)

明日やること
文献探す… 三項関係/乳幼児期の母子関係の行動カテゴリ/投影
[PR]
by peacetree | 2004-04-16 03:21 | あしあと
<< 閉所恐怖症のルーツ TOP エントリーNo.50 >>