Top
| Memo | LifeLog | RSS | Image | Skin | Rep

ご愛読ありがとうございました good bye
by peacetree
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
オトナ語の謎
from わたしのブログ
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
もっと詳しく【鹿島丈博】
from カロリーコントロールdeダイ..
強く儚い者よ
::::: 2004年4月8日 Thu :::::

彼を知りたい
もっと知りたい

何を思って生きてたの?
あなたからは 世界はどんなふうに見えた?

あの激動の時代を 過酷な環境の中を風のように走りぬいた
難病を抱えて なお微笑みをたやさなかった
周囲の人を大切にし 冗談ばかり言ってた
命と命のぶつかり合いの中 刀をふるった

25年の生涯
短い だけど誰よりも太く実りのある人生

もうあなたの年を越しちゃったけど まだ間に合うかな
どうしたら あなたのように人生をまっとうできる?
最後まで自分らしく 人を思いやって…

病で多くのものを諦めなくてはならなかったあなたの人生を羨むことはしまい
それでも 病を見つめ さわやかに人生を駆け抜けたその生き方に憧れます

ここ数年 私の中にずっといる人 沖田総司
本の中の彼は 著者のイマジネーションが入っていて
決して 幕末に生きていた沖田総司その人ではないけれども
著者が沖田総司を見つめる その目はあったかくて 優しくって
…泣きたくなる

久しぶりに 大粒の涙をこぼして読んだ
涙で世界がにじんで 文字が読めないくらい
本の頁の上には 涙の染みが残る

こんなに頁を繰るのを苦労した本はない
先を読みたいのに 一行読み進めることに終わりが確実に近づいてきて
読み終わったときは きっと彼の死
まだ 生きてて欲しい
まだ 笑ってて欲しい
せめて 本の中でも…
だから 先は読めない
でも ちゃんと彼の人生を見届けなきゃ
そんな葛藤
本人は当の昔にこの世から去っているのに

最後に心に留めておきたい描写を
 季節は毎年回って(めぐって)来るように見えて
 実は天地悠久の間にただ一度のものでしかない


今日という日は もう二度と来ないんだ
なんだかずっと忘れてた

大内美予子 著 『沖田総司』 新人物往来社
BGM Cocco 『クムイウタ』


::::: what's done :::::

子どもとメディアに関してのまとめ
☆参考 「子どもとメディア」の問題に対する提言
[PR]
by peacetree | 2004-04-09 02:21 | あしあと
<< 千里の道も一歩から TOP 楽天家大王撃沈 >>